IT業界に変化はあるのか?

私が会社を経営してました頃、IT業界の技術者は35歳限界説がありました。

35歳頃、技術者として通用しないとの意味合いでした。

昨今、クライアント企業に常駐し、作業する派遣チックな形態が増えました。

クライアント企業側の立場になりますと、長年来て頂いた技術者を切り、新たな若手技術者に交代しますことは、人件費の上では、メリットがあります。

しかし、引き継ぎがありましても、結局は仕事や業務内容を覚えて頂きますのに、時間も手間も掛かります。

手間とは、場合によりましては、クライアント企業の社員の方が、指導、教育しないといけないことを指します。

そんなことを繰り返してましたら、クライアント企業側は、しんどいですね。

既存システムを触れる技術者は、若手じゃないんです。

例えば、COBOLは、まだ健在しています。

今の若い世代が、わざわざCOBOLを勉強しますでしょうか?もちろん、実務に対応できるレベルまでです。

結果、昔からの技術者が、今でも稼働していますのが現状です。

35歳説は、今、なくなってしまいました。

50歳でも、バリバリのPGはたくさんいます。

一昔前、私が経営していた頃、年齢制限ではないですが、50歳はなかなか仕事を見つけるのが大変でした。

更に、仕事が見つかりましても、かなり単価を下げられていたのが現状です。

今は違います。昔ながらのシステムが動いている以上、ベテランはとても大切な存在です。

IT companyへ、是非ご連絡下さい。

大阪中心となりますが、関西圏に仕事はあります。

まずは、お気軽にお問合せ下さい。

お問合せフォームはこちらです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック